病気

3月 14th, 2014 by pa-tenggarong.com

■免疫細胞療法とは
免疫細胞療法とは、がんを攻撃する役割をする免疫細胞を体の外へ取り出し、その働きを強化した後に再度体に戻す作業をする細胞医療となっています。
免疫細胞療法は、今世界で最も注目されている最先端医療の一つとして知られています。
免疫細胞療法は、自身の細胞を使用するため、副作用が極めて少ないものとなっており、生活の質を維持しながらの治療が可能となっています。
また、放射線治療や化学療法との併用が可能なものとなっているので、相乗効果も期待できる療法となっています。

■膵臓がんとは
膵臓がんとは、膵臓に何らかの原因によってできた悪性腫瘍のことをいいます。
膵臓がんは、臓器のがん死亡率で第5位となっており、上位クラスのがんの種類と言えます。
また、男女別でも男女差はなく、男性が5位、女性が6位となり、性別関係なくかかってしまう病気となっています。
膵臓がんは、他の臓器がんに比べ、最も発見がしにくく、治療が困難なものとなっています。
膵臓がんは50代~70代の方に多いと言われています。
主な原因は、生活習慣の乱れ、コーヒーやアルコールなどの過剰摂取などがあります。

■乳がんとは
乳がんとは、乳房に何らかの原因によって出来た悪性腫瘍のことを言います。
乳がんは乳房にできた「しこり」に触れて発見されることが多いとされます。
乳がんは「しこり」の他にも乳頭やその周囲のただれ、乳房や乳頭の変形などでも発見されています。
ちなみにこの「しこり」とは、押した時も痛みはほとんどないとされ、また強く感じない事から、気づきにくいものとなっています。

おすすめサイト

大阪で樹状細胞療法をお探しならこちら|大阪桜橋クリニック
乳がん検診はこちらで実施しています。|ベルーガクリニック
抗がん剤治療用に、帽子やウィッグなら|PreSta!